健やかで美しい肌を保つために大切な事項について、特集記事として対策やお手入のポイントな どをご案内しています。






 

冬場は大気の乾燥や皮脂・汗の減少などにより、多くの方が肌の 乾燥をお感じになるかと思います。

夏場でも、冷房や紫外線の影響などで、肌が乾燥してしまう方も 少なくありません。

それに、肌の保湿機能というのは、加齢により低下していきます。

つい数年前までは肌乾燥なんて他人事だったのが、いつの間にか肌乾燥で悩むようになることもあ ります。

肌の乾燥というのは、様々な肌の老化現象やトラブルの最大要因ですから、そこで、あわてて保湿 対策を・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、一年中肌がカサカサしているという慢性的な乾燥肌の方の場合、高保湿成分配合といわれる 化粧品を使ったからといって、それは一時的な解決でしかなく、根本的な解決にはなっていない、 ということが多いのではないでしょうか?

この場合、「肌乾燥のスパイラル(悪循環)」のような状態に陥っているのかもしれません。

もし、そのような状態であれば、効果のありそうな保湿成分を肌に塗ったとしても、それは一時的 な解決でしかなく、そのうち(あるいはすぐに)肌乾燥の状態に戻ってしまいます。


乾燥肌の改善策 大切なのは角質層の水分保持能力

肌乾燥というのは肌の水分量が不足しているということですが、それは角質層(皮膚最上層)の水 分保持機能が低下しているということを意味します。

肌の表面に水分を補給しただけでは、それはすぐに蒸散し、肌の潤いを保ち乾燥を防ぐことにはな りません。

肌乾燥を防ぐうえで重要なのは、角質層が水分を十分に保つ状態にするということです。

角質層に水分が保たれている状態こそが、肌が潤っているということであり、肌のバリア機能もし っかり保たれた状態です。

異物の侵入も防ぎ、肌荒れなど皮膚トラブルも発生しにくくなり、健やかな肌状態が保たれます。

見た目には、滑らかでつややか、触った感じは、ふっくらとやわらかな肌状態となります。


角質層の水分保持機能について

角質層に十分な水分が保たれるためには、いくつかの要素が関係しています。

角質層は、新陳代謝によって表皮最下層(基底層)から押し上げられてきた細胞(角質細胞)が20 層ほどかさなり層構造を形成しています。

角質細胞が規則正しく層構造を形成し、その角質細胞と角質細胞の間に細胞間脂質やNMF成分 (天然保湿成分)といった潤い成分が存在することで角質層の保湿機能やバリア機能は保たれま す。

また、角質層の上には(つまり肌の表面には)、皮脂膜という天然のクリームが広がり、この皮脂 膜が潤いのベールとなって、角質層からの水分の蒸散を防いだり、外的刺激から肌を保護してくれ ます。



肌が乾燥しやすい人というのは、角質層の細胞間脂質やNMF成分、さらには皮脂膜といった潤い 成分が不足しているということが多いようですし、加齢とともに乾燥しやすくなっていくのは、こ ういった潤い成分が年々減少していくことが原因でもあります。

また、角質層というのは、厚さわずか0.02ミリほどのたいへん薄い層です。

クレンジングや洗顔、その他のお手入れで、肌を強くこすったりすると、角質層の層構造を傷つ け、その保湿機能やバリア機能を低下させてしまうことがあります。



それから、健全な角質層の層構造の形成、細胞間脂質やNMF成分の生成というのは、適正な新陳 代謝の過程において行われます。

新陳代謝に乱れが生じたり、加齢により新陳代謝の機能が低下してくると、角質層の保湿機能やバ リア機能も低下してしまいます。


角質層の水分を保つための重要ポイント

このようなことから考えると、角質層の水分を保つためのポイントとしては・・・

肌表面の「皮脂膜」、角質層の「細胞間脂質やNMF成分」、角質層を傷つけない「正しい洗 顔」、健全な角質層を形成する「適正な新陳代謝」があげられます。

さらに、もうひとつ重要なことは「紫外線の防止」です。

紫外線は表皮細胞を傷つけ、角質層の機能を低下させてしまいます。その他、紫外線は肌に対して 様々な悪影響をもたらしますので注意が必要です。

 ■ 皮脂膜

皮脂と汗が混じりあった肌表面を覆う天然のクリームです。肌を保護し潤いを守ります。

 ■ 細胞間脂質とNMF

角質層に存在する潤い成分で、角質層の保湿機能・バリア機能を適正に保つために必要です。

 ■ 正しい洗顔

クレンジングや洗顔の方法によっては、角質層の保湿機能・バリア機能を低下させることがありま す。

 ■ 適正な新陳代謝

適正な新陳代謝が行なわれることで、保湿機能・バリア機能を有する健全な角質層が形成されま す。

 ■ 紫外線防止

紫外線の悪影響は、シミ・ソバカスの原因のみにとどまらず、肌細胞を傷つけ、保湿機能を低下さ せます。



慢性的な乾燥肌で悩んでいる方は、これらの要素がいくつか複合的に関係して角質層が十分な保水 機能を果たさなくなっている状態だと思われます。

乾燥肌を改善しようとするには、お手入れの方法や使用するスキンケア化粧品なども含めて考え直 す必要があります。

また、肌乾燥を自覚していない方でも、加齢により、あるいはお手入れ不足、その他もろもろの理 由によりいつの間にか角質層の水分保持力が低下していることが多々あります。

肌老化に気づいたり、あるいは肌トラブルが現われてから、あわてるのではなく、日頃から規則正 しいお手入れを継続しておくことが大切です。

ということで、肌乾燥の防止や改善のための基礎知識とお手入れ方法についてポイントごとにご説 明させていただきますので、参考にしていただければと思います。



 肌乾燥を防ぐ保湿対策について、各ポイントごとにページを設けています。以下のリンクか らそれぞれのページをご覧ください。
※オレンジ色の枠の項目が現在のページです。


肌乾燥を防ぐポイントとして「紫外線防止」については、以下のページをご覧ください。
肌の大敵「紫外線」の悪影響いろいろ その対策は?




トップページ モルトリーチェ化粧品の特長・商品設計 商品のご紹介
ブログ記事一覧(美容・化粧品の疑問) 商品のご使用方法 会員様専用ページ
 ブログ「MOLTOLICE ダイアリー」 美肌対策 特集記事 会員登録のご案内
お買物ガイド(お支払・お届け・返品交換他) 特定商取引法表示 メルマガ配信・停止
会社概要 ご利用規約 プライバシーポリシー  お問合せはこちら

Copyright(C)2003-2010 KANKYOYAKURIKENKYUSYO & MOLTOLICE LLC. All Rights Reserved.