クリア・ピールジェル 主な配合成分と全成分表示

当ページは、マイルドピーリング「クリア・ピールジェル」の主 要配合成分のご説明および全成分表示(ページ最下部)のページ です。

※各成分の説明につきましては、一般的に言われている特徴や作用としてご理解くだ さい。





(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー

タンパク質を吸着し、ピーリング成分として働きます。余分な皮脂や古い角質や毛穴 の汚れまで包み込んで落とすため、その後の肌は透明感とツヤのある肌になります。

角質を無理に剥がすことなく、表面の不要な古い角質のみを吸着し取り除きますので (アクリル酸の白いポロポロ成分が肌の汚れを絡みとって落とすので)肌への負担が 抑えられます。



コメヌカセラミド

コメヌカセラミドは、米の種子の精米直後のコメヌカから得られた細胞間脂質の類似 成分です。

皮膚最上層の角質層には細胞間脂質があり、皮膚の保湿・バリア機能を支えていま す。

加齢や刺激などで細胞間脂質が減少していくと、肌の保湿力やバリア機能は低下し、 肌は潤いが失われ、様々な肌トラブルや老化現象が現れます。

コメヌカセラミドは細胞間脂質の減少を補い、ピーリング後の肌機能を守るために配 合されています。



オランダカラシエキス

セリ科植物のオランダカラシ(クレソン)の葉、茎または全草から抽出。血行促進効 果や古い角質をやわらかくする効果があります。

また、皮膚細胞の活性化、発毛促進作用があると言われ、エイジングケア化粧品や育 毛用化粧品にも配合されます。



アルニカエキス

キク科の植物アルニカの花または根から抽出。ヨーロッパでは民間薬として使われて きたハーブで打ち身や捻挫などに用いられてきました。

カロチノイド、フラボン、タンニン、トリテルペノイド、サポニンなどの成分を含 み、抗炎症や血行促進のはたらきがあります。



オドリコソウエキス

オドリコソウの茎、葉、花から抽出。タンニン、フラボノイド、生体アミン(ヒスタ ミン、チラミン、メチラミン)を含みます。

収れん、浄血、消炎などの作用があるといわれます。



紅茶エキス

アッサムティーの葉を乾燥させ、さらに発酵させてから作られた紅茶を抽出して得ら れたエキス。

カフェイン、キサンチン、タンニンなどを含み、収れん、消炎、保湿、メラニン抑制 などのはたらきがあるとされています。

収れん作用からリフトアップやセル対策用のジェルやローションにも使用されます。



テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

VCIPとも呼ばれ、ビタミンC誘導体のひとつで油溶性。一般的に美白目的の化粧品に 配合されます。

ビタミンCは、その還元作用や抗酸化作用によりその美肌効果は認められています が、成分としての安定性が悪く、肌に塗布した場合、肌内部でその効果を発揮するこ とは期待できません。

VCIPは、不安定なビタミンCを安定化させることにより皮膚への浸透をよくし、肌内 部においても、ビタミンCの効果が発揮できるようにしたものです。



プラセンタエキス

※商品リニューアルに伴い追加配合

豚などの動物の胎盤から抽出したエキス。プラセンタには、各種のアミノ酸やビタミ ン類、ミネラル類、核酸様物質、コレステロールなどが含まれています。

化粧品では、保湿効果、色素沈着の防止、しわ予防などエイジングケアを目的に使用 されます。

特に、様々なアミノ酸を豊富に含むことから、角質層の水分保持力を維持し、肌の潤 いを保つことが期待されます。

また、プラセンタエキスは、医薬部外品の美白有効成分としても使用されており、メ ラニン生成の抑制により日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐといった作用があるとさ れます。

さらに、新陳代謝の促進などの効果も報告されており、メラニンのスムーズな排出に よる美白作用、適正な角質層の形成による保湿機能やバリア機能の維持なども期待さ れます。



β-グルカン

※商品リニューアルに伴い追加配合

β-グルカンは、食物繊維の仲間で、多糖類の一種です。キノコや酵母に多く含まれま す。

化粧品に配合すると、優れた保湿作用を発揮するとともに、肌を整え、ハリを与えて くれます。

また、日焼けによる炎症を緩和し、紫外線による肌ダメージをやわらげてくれます。



ダマスクバラ花水

※商品リニューアルに伴い追加配合

バラ科植物ダマスクローズの花から植物エキスです。

化粧品には、ローズ花香を賦香する目的で使用されます。

香りによるリラックス効果やストレス軽減の他に、保湿作用、抗菌・消炎作用も有す ることから、肌に潤いを与え、肌荒れを防ぐなど、肌の状態を整える効果も期待され ます。



グレープフルーツ果皮油

※商品リニューアルに伴い追加配合

グレープフルーツの果皮から得た精油です。

シトラス系の明るくさわやかな香りにより、リラックス効果、ストレス緩和、集中力 アップなどが期待されます。

また、保湿効果、肌荒れ防止、収れん作用も期待されます。



ニンニク根エキス

※商品リニューアルに伴い追加配合

ニンニクは、香辛料として調理に広く使われる他、中国や日本では漢方薬の原料とし て、またヨーロッパでも民間薬として用いられてきました。

代謝機能亢進、殺菌防腐、血行促進、免疫機能亢進、過酸化脂質生成抑制といった機 能があるとされ、皮膚細胞の活性、老化防止等の効果を期待され、基礎化粧品や頭髪 用化粧品に使用されます。



カミツレエキス

※商品リニューアルに伴い追加配合

精油成分のアズレンを含みます。発汗作用があり、入浴剤にも使用されます。欧州で は古来より風邪の際に飲用の習慣があります。

化粧品には、保湿効果、消炎、収れん、血行促進等を期待して使用されます。また、 色素沈着を抑える作用も報告されています。




ゴボウ根エキス

※商品リニューアルに伴い追加配合

漢方では、その解毒・消炎・排膿作用から皮膚病に使用されてきました。

化粧品には、保湿作用、血行促進作用、発汗作用、脱毛予防などを期待し使用されま す。



セイヨウキズタエキス

※商品リニューアルに伴い追加配合

民間薬としては、鎮痛、うつ血除去などに外用薬として利用されてきました。

サポニン、フラボノイド、有機酸などを含み、化粧品には、洗浄作用、抗炎症作用が 期待され使用されます。特に、ニキビ・脂性肌用化粧品に多く使用されます。



セイヨウアカマツ球果エキス

※商品リニューアルに伴い追加配合

ヨーロッパアカマツの球果(いわゆる松ぼっくり)から抽出したエキス。

保湿作用、肌荒れや炎症を防ぐ作用、収れん作用、血行促進作用がるとされ、肌を健 やかに保つために各種化粧品に使用されます。




ローズマリーエキス

※商品リニューアルに伴い追加配合

ローズマリー(マンネンロウ)は、ヨーロッパでは古くから薬用植物として、頭痛、 リューマチ、神経痛の治療に使われてきました。

保湿作用、消炎作用、抗酸化作用、収れん作用、血行促進作用があるとされ、基礎化 粧品やヘアケア製品に使用されます。





※赤字は商品リニューアルに伴い追加配合された成分

◆水
◆DPG
◆(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー
◆ジココジモニウムグロリド
◆ステアルトリモニウムプロミド
◆ダマスクバラ花水
◆プラセンタエキス
◆β-グルカン
◆コメヌカスフィンゴ糖脂質
◆オランダカラシ葉/茎エキス
◆アルニカ花エキス
◆オドリコソウ花/葉/茎エキス
◆ニンニク根エキス
◆ローマカミツレ花エキス
◆ゴボウ根エキス
◆セイヨウキズタ葉/茎エキス
◆セイヨウアカマツ球果エキス
◆ローズマリー葉エキス
◆チャ葉エキス
◆テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
◆ペンチレングリコール
◆PEG-60水添ヒマシ油
◆グレープフルーツ果皮油
◆グリセリン
◆オレイン酸ポリグリセリル-10
◆コメヌカ油
◆水添レシチン
◆リゾレシチン
◆イソプロパノール
◆エタノール
◆BG






(C) 2003 MOLTOLICE LLC