各種植物エキス
若々しく健やかな肌を保つために合計26種の植物エキス活用

モルトリーチェ化粧品は、18種類の植物エキス、
5種類のフルーツ酸AHA、3種類の植物精油(香り成分)、
合計26種類もの植物成分が配合されています。

しっとりしたお肌にするとともに、滑らかな使用感と香りの効果とがあいまって、
心身ともに癒されるスキンケアです。

なお、こういった26種の植物エキス以外に、
化粧品ベース成分には、オリーブスクワラン、ホホバ油など、
各種植物由来成分を使用しています。




モルトリーチェ化粧品に配合の植物エキスのご紹介

※各植物エキスの補足説明は、一般的に言われている作用として参考にしてください。


 アルテアエキス 主な配合目的:皮膚柔軟・保湿
その他、刺激緩和・消炎・収れん作用などが期待される。
アルテアは、ヨーロッパでは胃炎薬・うがい薬に利用されてきた。

 アルニカエキス 主な配合目的:血行促進・抗炎症・保湿
また、アルニカは、アルプスでは
古来より傷・打身に効用ある薬草として利用されてきた。

 エイジツエキス 主な配合目的:保湿・収れん
その他、美白・SOD様作用(抗酸化)があると言われる。
エイジツは、普通ノイバラとして知られる。

 オトギリソウエキス 主な配合目的:収れん・保湿
その他、抗炎症・日焼け予防効果が期待される。
オトギリソウは、古来より切り傷に用いられた。

 カミツレエキス 主な配合目的:抗炎症・保湿
その他、収れん・血行促進・色素沈着防止などがあるとされる。
カミツレは、ヨーロッパでは古くから風邪・鎮痛・胃薬に利用される。

 甘草抽出成分
(グリチルリチン酸ジカリウム)
主な配合目的:抗炎症
皮膚炎に効果的だが刺激は緩和で副作用が少ないとされる。

 クララエキス 主な配合目的:保湿・抗菌
美白・日焼け予防・血行促進・収れん作用などもあるとされる。
クララは、漢方では抗菌・胃薬・解熱・解毒・鎮痛に用いられる。

 シラカバ樹皮エキス 主な配合目的:保湿・抗炎症・抗菌
皮膚柔軟・保護・収れん・血行促進作用もあるとされる。
ヨーロッパでは民間薬として利尿・風邪・傷消毒・皮膚病に利用。

 シャクヤクエキス 主な配合目的:保湿・抗炎症
美白・抗アレルギー作用などもあると言われる。
シャクヤクは、古くは冷え症・月経不順など婦人病に使用されてきた。

 スギナエキス 主な配合目的:整肌・保湿
皮膚代謝促進・収れん・抗炎症作用も期待される。
スギナの茎は解熱鎮痛日本ではツクシとして食用に供す。

 セイヨウキズタエキス 主な配合目的:収れん・保湿
洗浄・抗炎症・抗菌作用などもあるとされる。
セイヨウキズタは、ヨーロッパでは鎮痛薬としても利用されてきた。
余分な脂肪を溶かす作用(痩身作用)もあるとされる。

 セイヨウノコギリソウエキス 主な配合目的:抗炎症・保湿
消炎・SOD様作用(抗酸化)などもあると言われる。
セイヨウノコギリソウはヨーロッパ原産で
健胃・強壮・抗炎症・傷の治療などにも利用されてきた。

 セージエキス 主な配合目的:抗菌・保湿
抗菌,抗炎症・収れん・血行促進。
セージの別名はサルビアで、肉のくさみ消、
民間薬として強壮・消炎などに利用されてきた。

 ゼニアオイエキス 主な配合目的:保湿・抗炎症
湿潤滑性作用・代謝促進・かゆみ防止・ニキビ防止なども期待される。
ゼニアオイは、鎮痛剤・利尿剤・緩和剤などにも利用されてきた。

 ソウハクヒエキス 主な配合目的:保湿・抗炎症
桑の根抽出エキスで美白効果(メラニン抑制)があると言われる。
漢方では高血圧予防・疲労回復・強壮に利用されてきた。

 トウキエキス 主な配合目的:保湿・血行促進・抗炎症
トウキは、せり科薬草で、漢方では浄血・鎮痛・強壮に利用。
アミノ酸・糖質・ビタミンBを多く含む。

 トウキンセンカエキス 主な配合目的:整肌・保湿
清浄・抗炎症作用などもあるとされる。
トウキンセンカの別名はマリーゴールドで、
外傷や湿疹の治療促進にも利用されてきた。

 ローズマリーエキス 主な配合目的:保湿・抗アレルギー
ローズマリーの別名はマンネンロウで、
血行促進・抗酸化・皮膚トリートメント作用などもあると言われる。

 オレンジエキス 主な配合目的:アルファヒドロキシ酸(フルーツ酸)抽出
皮膚柔軟・角質溶解(ピーリング作用)・保湿効果

 サトウカエデ樹液 主な配合目的:アルファヒドロキシ酸(フルーツ酸)抽出
皮膚柔軟・角質溶解(ピーリング作用)・保湿効果

 サトウキビエキス 主な配合目的:アルファヒドロキシ酸(フルーツ酸)抽出
皮膚柔軟・角質溶解(ピーリング作用)・保湿効果

 ビルベリーエキス 主な配合目的:アルファヒドロキシ酸(フルーツ酸)抽出
皮膚柔軟・角質溶解(ピーリング作用)・保湿効果

 レモンエキス 主な配合目的:アルファヒドロキシ酸(フルーツ酸)抽出
皮膚柔軟・角質溶解(ピーリング作用)・保湿効果

 ラベンダーオイル 主な配合目的:芳香精油・鎮静
さわやかフローラルの香りによるリラックス効果、
鎮痛・消炎効果などもあるとされる。

 ローズマリーオイル 主な配合目的:芳香精油・制菌
リラックス効果から、不眠のときなどに良く用いられてきた。
制菌作用から、皮膚炎の改善にも効果的と言われる。

 レモンセント
ティーツリーオイル
主な配合目的:芳香精油・抗菌
食品への着香料として広く使われる。
また、大腸菌などに高い抗菌活性が認められている。




Copyright(C)2003-2010 KANKYOYAKURIKENKYUSYO & MOLTOLICE LLC. All Rights Reserved.